子供のダイエット方法とスイミング

高カロリーの食事が増えたり、ストレスの増加、運動不足などの理由で肥満気味の子供が増えていると言われています。
大人同様、子供の肥満も良くないとされていますが、肥満を解消する為にもダイエットに取り組んだ方が良いかもしれません。
そして子供に適したダイエット法として運動が挙げられますが、特に有効なのがスイミングです。
スイミングが適している理由として、全身運動を行う事ができるからです。
大人がダイエットをする際には筋トレを行うなどする事がありますが、子供の場合に特定の筋肉ばかりを使ってしまうと骨や筋肉の成長に悪影響になってしまう恐れがあります。
その点、スイミングの場合ですと体に大きな負担を掛ける事なく、適度に全身を鍛える事ができますので子供にも優しいダイエット法と言えるのです。
さらには泳ぐ事によって左右の体のバランスを整える事ができるとも言われていますので、バランスの取れた体を作る為にも有効です。
質の良い筋肉を付けるという意味でもスイミングは最適と言えます。
スイミングは有酸素運動ですので、全身に栄養や酸素を供給しながら鍛える事ができます。
それによって筋肉の質も向上しますし、健康的で丈夫な体作りにも繋がります。
そしてストレス解消になるのもスイミングの良さです。
子供は勉強や家庭の問題などでストレスを抱えている事がありますが、それによって食べ過ぎて肥満になる事があります。
適度に体を動かす事でストレスの解消になりますし、特に子供の場合は上手なストレスの発散方法を知りません。
ですから運動をさせてストレスを解消させてあげる事は非常に有効と言えます。
スイミングには沢山のメリットがありますので、肥満の解消だけでなく、心身共に健康である為にも最適の運動です。

子供が肥満になりやすい原因とダイエット

子供が肥満になるのは、ほとんどが環境によるものです。
確かに遺伝性などの原因で、もともと脂肪細胞の数が多いこともありますが、それ以上に家庭環境が太りやすいと、子供が肥満になりやすいです。
その環境とは、お菓子が常にストックしてある、食事の栄養バランスが偏っている、こってりした食物が多い、メニュー数が多い、などです。
また、テレビをみながら食事をするのが当たり前になっている家庭も肥満傾向が強くなります。
子供が肥満している家庭は、高い確率で親も肥満しています。子供は親の背を見て育つと言いますが、食習慣や運動習慣も親の姿を真似てしまう可能性があります。
子供をダイエットさせたければ、まずは親がダイエットに取り組むべきです。
親子でダイエットを始める時に重要なのは、我慢ではなく環境を変えることです。
例えば、お菓子がストックしてあるのならば、それをなくすようにします。
お菓子が食べたい時にいつでもある状態を強制的に遮断して、特別な時のご褒美として与えるようにしましょう。もちろん、親も同じようにダイエットに取り組みます。
運動については、まずは食生活を改めて体が軽くなってからで良いです。
体が重い状態だと動くのも億劫でしょうから、自発的に運動したくなるまで待っても遅くないです。
食卓にあがるメニューが多い、そうでないと満足できない場合には、どうしても減らせないならば、野菜のメニューを多くしましょう。
漬物などは野菜ですが、塩分が多いので食欲を増してしまうので、出来れば素材の味を楽しめるような薄味のものを用意するようにすると良いです。
サラダ類を用意して、その場で自分たちでドレッシングを作りながら食べるのも楽しいでしょう。

子供と一緒に親子ダイエット

食の欧米化によって肥満になる人は増えていっています。
それは親の食生活が繁栄される子供も同じで、子供の肥満も増えているのが問題となっています。
子供の肥満は、大人と同じように糖尿病や高血圧などの病気のリスクを高めてしまいます。
そのような問題を解決するためには、親と一緒にダイエットを行うことが望まれるのです。
ダイエットの基本としては、栄養のバランスが取れた食事、カロリー制限、適度な運動を行うことが大切です。
また、正しい食生活を習慣づけて、継続的にゆっくりと体重を落としていくことも重要となります。
大人がダイエットを行う場合には、糖質制限やファスティングダイエットなど極端な減量方法が行われる場合がありますが、成長期の子供には栄養面でも食育的に見てもおすすめできない方法です。
ダイエットの本はさまざまありますが、それを参考にする前に食品成分表でカロリーを調べてそれを取り入れていくことがおすすめです。
また、食事だけではなく間食も子供には大切です。
ですが、カロリーの高い物を与えてしまっては折角の食事の改善や運動もムダとなってしまいます。
ムダにしないためには、噛みごたえがあり栄養価が高く脂肪の蓄積を予防する効果のあるドライフルーツ、食物繊維が豊富なナッツ類、整腸作用のあるヨーグルト、カロリーの低い寒天やゼリー、おからなど腹持ちの良く低カロリーな素材を混ぜたお菓子などを取り入れることが良いとされています。
運動は一日5kmほどを一時間かけて歩いたり、ラジオ体操をしっかり行うなどを継続していき、子供なら身体を動かす習い事や日中に外で遊ぶなどの行動を行うことによって脂肪を燃焼させることができるようになります。

ページの先頭へ戻る